そのまま食べられる保存食

簡単に作れる保存食

災害時になくなりやすい物が食べ物です。
スーパーやコンビニの食料品は災害当日にほとんど買われてしまいます。
みんなで分け与えれば良いのですが、災害になると人間は自分中心になりやすいので、買い占めようと思う人が多いようです。
そうなると買いそびれる人も出てきますので、備蓄が必要なのです。

保存食の定番は缶詰と乾パンが思い当たります。
これは手を加えなくてもそのまま食べられるので、非常に便利です。
しかし、主食では無いので物足りなさを感じるかもしれません。
災害時なので贅沢を言っていられないのですが、主食も保存食として存在します。
アルファ米、という水を入れるだけでお米が食べられる画期的な保存食です。
お湯を必要としないので、火を使いませんので災害時に役立ちます。

カセットコンロとガスボンベ

インスタント食品はお湯を使うものが多く、災害時にあまり役に立ちません。
カップ麺などは長期保存ができるので、保存食としては優秀ですが、災害にガスや電気が使えずにお湯を沸かせない場合があります。
そうなると、カップ麺は保存食としての役割を果たせません。
しかし、カセットコンロがあればお湯を沸かすことが可能なので、カップ麺も保存食として活躍できます。
カセットコンロはガスボンベさえあれば簡単に使えます。

カセットコンロとガスボンベは安価で売られていますので、簡単に手に入れることができます。
注意したいことはガスボンベの保存方法です。
ガスボンベは保存場所によって危険を伴うので、ガスボンベに記載されている保存方法をしっかり守ってください。


この記事をシェアする